External links

Apple Watch Hermèsの文字盤バリエーション

2016年5月24日

Apple Watch Hermèsを手に入れた。ドゥブルトゥール38mmステンレススチールケースとヴォー・バレニア(フォーヴ)レザーストラップ(L)の組合せである。この製品の特長はといえばエルメスの腕時計の象徴とも言われる2重巻きのストラップとApple Watch Hermèsにのみ用意されたエルメスデザインの文字盤である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここではApple Watch Hermèsの文字盤のカスタマイズにどのようなバリエーションがあるのかをGIF画像にてご紹介したい。

GIFの動画を一通りご覧いただければすべてお分かりと思うが一応説明も記しておきたい…。

Apple Watch Hermèsのディスプレイを強く押すとカスタマイズの画面になる。この点は一般的なApple Watchと同じだがエルメス独特な文字盤デザインが用意されているわけだが、それらは大別して「タイプフェイス」「ディテール」「小窓設定」の三種類がある。

 

タイプフェイスは時刻表示のフォントを設定するもので3種用意されている。またディテールはそれぞれの文字デザインをどう配置するか…これまた3種から選択できる。それらは12時のみの表示、12、3、6そして9時位置の表示と1から12まですべてを表示する3種だ。

最後の小窓設定だが、念のため記せばまずは無表示、ストップウォッチ、世界時計2種、そして日付表示が用意されている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Apple Watch本体は申し上げるまでもなくスクエア形であり、文字のデザインはともかく本来はこうした文字盤こそ腕時計に相応しいものだと考えるが、Apple Watch Hermèsを特別なプロダクトにするため、そしてエルメス版を際立たせるために一般のApple Watchには付けなかったのだろうか…。

ともあれApple Watch Hermèsの文字盤を得てApple Watchは腕時計らしくなったといえよう…。

 

 

Apple Watch Hermèsドゥブルトゥール38mmステンレススチールケース、ヴォー・バレニアレザーストラップ(L)

Apple Watch Hermèsの文字盤のカスタマイズバリエーションをGIF動画にした

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所