External links

PayをApple Watch 2に設定

2016年10月26日

10月25日よりApplePayが解禁になった。私はiPhoneは6s PlusのままだがApple Watch Serise 2でSuicaやクレジットカードによるApplePayを利用したいと考えているので早速一連の設定をやってみた。ただしAppleサイトの解説は用途の切り分けによる使い方や設定が分かりにくい。もう少し一からきちんと説明すべきと思う。そもそもこれだけ重要なサービスのスタート日に正規のアナウンスがない。やはりAppleは変な会社だ(笑)。

 

ApplePayの利点は一般店舗でクレジットカードを提示する必要がなく、iPhoneやApple Watch 2を端末機の読み取り部にかざすだけで買い物ができること。さらにSuicaと連携していることが日々電車やバスを利用している多くの人たちや旅行者に支持されるに違いない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは iPhoneとApple WatchのOSを最新版にアップデートしなければならない。そしてiPhoneに「Suica」アプリをインストール。

iPhoneの「Watch」アプリと「Suica」アプリの指示にしたがい、ApplePayで決済するクレジットカードの登録およびSuicaの登録をする。

なおSuicaはブラスチックのカードを持っている場合はそれをオンラインSuicaとして登録できるが、初日の混乱からモバイルSuicaのシステムが不安定だったので新規にSuicaを登録し、これまたApplePayの決済用として設定したカードを使い2,000円をチャージしてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Suicaだが、最初Walletに追加したSuicaは自動的にエクスプレスカードとなる。この場合、改札を通るとき、改札機の読み取り部にかざすだけで改札を出入りできる。電源が入っている必要はあるが、ネットワーク接続も不要。さらに改札を出入りする時にデバイスのスリープやロックを解除したりアプリを開いたりする必要もない。ただしエクスプレスカード設定になっていない場合、Apple Watch 2のWalletでSuicaを選び、サイドスイッチをダブルクリックしてから読み取り部にかざす必要がある。

ともあれSuicaの残額がリアルタイムに確認出来るのも嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまのところ、登録できるカード、できないカードといった情報が交錯し混乱している部分もある。しかし交通機関の利用はもとよりだが、一般の店舗でクレジットカードを提示せずに買い物ができる便利さは想像以上のことに違いない。これはセキュリティの問題だでなくレジやカウンターで待たされる時間もなくなるということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだApplePayが使える店は限られているがこれでますます「財布を自宅に置き忘れてもあまり不自由はしないが、iPhoneやApple Watchを忘れるとまったく身動きができない」という感覚が大きくなってくる。

 

あとは慣れだろうか。当初は巧く行くのか、エラーにならないかと不安だが、セキュリティに気を遣うことなくiPhoneやApple Watchだけで街歩きが楽しめ、小旅行ができる時代がやっと実現する時代を体現できたことは素直に嬉しい。心配があるとすればデバイスのバッテリー残に注視していなければならないこと、そして「使いすぎに注意」ということか(笑)。

 

 

クレジットカードは4種類登録してみた

新規にSuicaを登録し、カードから金額をチャージ

Apple WatchでSuica残高がわかるのもありがたい

初期設定の多くはiPhoneのWatchアプリから可能

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所