External links

Macintosh 512K

Macintosh 512K
Macintosh 512K背面

最初のMacintosh 128Kはその設計思想が高く評価されたが市場の反応は鈍く販売台数もAppleの予想を大きく下回った。その要因のひとつがメモリの少なさで、デベロッパー各社もアプリケーション開発に二の足を踏まざるを得なかった。

特にビジネス市場で成功するためにはメモリの増設が急務と考えたAppleは早くも1984年9月に128Kの4倍の512Kにメモリを増やしたMacintosh 512Kを発表した。

 

愛称はFatMac(ふとっちょマック)。 このメモリ増設の効果もあってその後、マイクロソフト社のExcelをはじめビジネスソフトやゲーム、そしてプログラミング言語など多彩でユニークなソフトウェアたちが登場し始めた。

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所