External links

Shell型 iBook SE

シェル型iBook SE
シェル型iBook SE、液晶を綴じた写真

初代iBookは1999年7月22日、MACWORLD Expo NewYorkで発表された。カラーはタンジェリンとブルーベリーの2色だったがそれぞれポリカーボネート樹脂を使った半透明素材とのツートンカラーであり、素材やデザイン面でiMacおよびeMate 300から影響を受けている。

 

クロックは300MHzのPowerPC G3で12.1インチのTFT液晶ディスプレイを装備し内蔵バッテリで約6時間動作した。そして何よりも話題をさらったのは無線ネットワークすなわちAirPort(日本名はAirMac)をサポートしていることだった。そしてそのクラムシェル型のデザインと可搬性を考慮したハンドルがついたこのiBookはiMac同様に大ヒットとなった。

 

このグラファイトカラーのiBookは”iBook SE(Special Edition)で2000年に発表された製品である。ツートンカラーのホワイト部も最初期の透明感のあるものとは些か違い、乳白色に変更されている。

CPUはPowerPC G3でクロックは366MHz、ハードディスクは6GB、光学ドライブは24倍速のCD-ROMを搭載、そしてメモリはビルトインの64MBに128MBを増設して計192MBにしてある。

 

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所