External links

コーヒー牛乳

コーヒー牛乳はいまだに好きだ。

とはいえ昨今ではカフェオレの台頭でコーヒー牛乳と書かれたものにはあまりお目にかかれないが。

子供の頃からコーヒー牛乳は好きだったが、白い牛乳はあまり好きではなかった。

それは学校給食で出るミルクが酷いものだった影響に違いない。

 

だから瓶の牛乳も飲む機会があるとき、必ずと言ってよいほど僕はコーヒー牛乳を選んだ。

とはいえそのコーヒー牛乳だって実はそんなに飲む機会が多々あるはずもなかった。

だからこそ余計に飲みたかった。

 

いまコーヒー牛乳といえば瞬時に思い出すのは銭湯との関係だ。

内風呂がなかった子供の時代、父と弟と一緒に銭湯に行っていた。

不便といった感覚もなくそれが当然だったが面倒に思う時も正直あった。

しかし父の「風呂の後でコーヒー牛乳を飲もうな」という一言で僕はうきうきとなった。

 

最初の頃は銭湯内に飲み物は売ってなかった。

それは銭湯の前にある雑貨屋に立ち寄って購う物だったが、湯上がりの火照った体に冷たいコーヒー牛乳は子供心に贅沢な思い感じさせる一瞬だったし美味かった。

勿論、父の奢りだ。

お店の人が尖った道具を用いて器用に牛乳瓶の蓋を素早く開け「はいどうぞ」と手渡してくれた。

いまでもたまにコーヒー牛乳を手にする機会があると、その分厚い牛乳瓶の向こうに父の顔が見えるようで嬉しくなる。

 

 

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所