External links

おばけ煙突

僕たちが生まれ育ったアパートは天気が良いと筑波山がよく見えた。

それに因んだと言うが、アパートの名は "筑波荘" といった。

古い石造りのエントランスはいまでも夢に見るほど印象的な建物だった。

 

また高層ビルなどなかった時代だから晴れた日には崖の上にあるアパートからの展望は素晴らしかった。

筑波山だけでなく遙か遠くの山脈がくっきりと見えた。

夏には隅田川だったか花火を見るため、アパートのエントランスはゴザなどを敷いた住人で賑わったものだ。

 

ただひとつ子供心に不思議な展望があった。

それが "おばけ煙突" と呼ばれていた4本の煙突がよく見えたことだ。

当時製紙会社だったと思うが、その煙突がなぜ "おばけ煙突" と呼ばれるかという話しは随分と後になって知った。

僕らには誰が言い出したか、夜になるとその煙突から "おばけ" が沢山出てくると信じられていた。

無論夜になればイルミネーションや明るい建物は皆無だったから "おばけ煙突" は見えなかったものの、僕たちは夜にその "おばけ煙突" がある方向を見ることはタブーだった。

お化けと眼を合わせるような気がしたからだ。

 

 "おばけ煙突" の名の由来だが、菱形に建てられた4本の煙突が見る方向によって1本、2本、3本そして4本に見えるからだった。

そのことを知ったとき、僕たち子供の呪縛はやっと解けた。

 

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所