External links

起業前夜〜「第3回Apple Fest 東京」の思い出

1983年12月10日と11日の両日、イーエスディ ラボラトリの主催、アップルコンピュータジャパンの後援で「第3回 Apple Fest 東京」が後楽園展示場で開催された。Lisaの一般公開を兼ねた催事でもあったが各ブースはApple II のオンパレードの時代だった。イーエスディラボラトリ(以後はESD)はAppleの日本総代理店を勤めてきた企業であり、サードパーティ20社の参加も得て当時のApple関連催事としては最大級のものだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただし後から振り返ればこの2日間にわたるイベントはある意味で日本のアップル市場が大きく変化する前触れであり、ESDが最後に放った輝かしい光だったといえる。なぜならそのイベントの少し後、年末の挨拶を兼ねた酒宴の席でアップルジャパン社長の福島氏とESDの水島社長は決定的な溝を作ってしまい、アップルの一方的な意志によりESDとの総代理店契約解消に至ることとなったからだ。

 

1983年といえばキヤノン販売は6月に念願の1部上場を果たしたばかりだったが、翌月にアップルジャパンの福島社長がキヤノン販売の滝川社長を訪れ日本の総販売元としての打診をし、基本合意となった年だった。さらに10月6日付けの朝日新聞朝刊一面に「アップル社がキヤノンと提携」と発表され、同月11日にホテルオークラで合同記者会見が行われた。問題はそれまで日本市場で販売はもとよりサポートや啓蒙活動を行ってきたESDに無断だったことで明らかにアップルジャパン側の契約違反だった。

 

さて、アップルやキヤノン販売の思惑は別にして私個人としてもこのイベントは忘れられない特別なものとなったのである。

なぜならいま振り返っても得意な時代であり、得がたい体験をさせてもらったとしみじみ思うし、単なるアマチュアの私が当該イベントに個人の資格でブースを持ち、サードパーティ側として過ごした2日間だったからだ。しかしなぜそんなことになったのか...。

 

その2,3ヶ月前だと思うが相変わらず本郷のESDのショールームに出入りしていた私に、コンピュータラブ社長の手塚さんから意外な誘いがあった。それが「Apple Festという展示会にブースを持ってみない?」ということだった...。

当時の私は小さな貿易商社に勤務するサラリーマンだったし、Apple II の熱心なユーザーだったが、それらを仕事としていたわけではなかった。

 

「ビデオデジタイザを専門に展示して欲しいのよ! 勿論ブースの出展料は取らないからさ...」との話。思わず私は膝を乗り出しOKしてしまったのである(笑)。

振り返れば出展各社は当時として錚々たるものだった...。書き出してみると、(株)アシスト、(株)イケショップ、(株)石橋楽器店、(株)イワタ、今井コンサルタント、喜島科学、Gibuson Laboratories、(株)協和商会、啓学出版(株)、(株)東レリサーチセンター、東京ニーズ、日本デジタルイクイップメント(株)、日本ビジネスオートメーション(株)、(株)富士音響、ブラザー工業(株)、マミヤ機器販売(株)、(株)メディァセールスジャパン、アップルユーザーズサロン、TPO、コンピュータ ラブ、そして私のブース(JUN I.G.C.)といったメンバーだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それぞれのブースの概要はESD発行の季刊誌「APPLEマガジン」1984年 Vol.2 Nomber 1 に詳しいが、ブース出展は単なるアマチュアだった私にとって一大決心のいる出来事だったし小さくてもブースを持ち来場者に接するという経験はこれまた始めてのことだった。

 

ただし現実には色々な困難もあった。まず私は車の運転ができないため、機材やらを自宅から会場に搬入したり搬出する際の手段を確保しなければならない。一時は赤帽といったサービスを頼もうかと思ったが会社の同僚(女性)が友達とともに車の手配と運転はもとより2日間ブースに立って手伝ってくれるというので助かった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また私のブースならではの特長を出したいとクリスマス時期でもあっのでApple II のアニメーションを作ってデモすることにし、ビデオカメラで来場者の顔をデジタイズするといったサービスもやってみた。さらにESDに許可を取り6色アップルロゴを配したレターヘッドを自費で制作し、それをブースで販売することを思いついた。しかし近所の印刷会社に依頼したもののカラー印刷でもあり儲けがどうの…という話しではなくなり最初から持出となってしまった。

なお展示会の当日、当時のアップルジャパンの社長が私のブースを訪れ「アップルロゴは許可なく使ってはならないと」とクレームをつけてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勿論当時のESD社は正式な日本代理店でありアップルロゴを使ったマグカップなどを製作販売もできる立場であったしそのESDに正式な許可を取ってのことだったから「ESDに許可を受けています。お疑いならそちらで確認して下さい」と答えた。今では考えられないことだが、個人の立場でアップルロゴ使用の許可を受けたケースはほとんどないに違いない。

 

こうしてたった2日間のイベントではあったが、この時のあれこれは後に起業し様々なイベントに出展したり自社のプライベートイベントを企画する上で大いに参考となったのである。しかしお客様は想像以上に我が儘だった(笑)。

売り物を買ってくれるのではなく、前記したデモ用…人寄せとして制作したApple II のアニメーションデータを売ってくれという方がいたり、私が着ていたジャケットに縫い付けたAppleロゴの刺繍ワッペンを売って欲しいなど予想もしない展開があり面白かった。

 

 

第3回Apple Fest 東京招待券

「第3回Apple Fest 東京」招待券

後楽園展示場の展示風景

会場は後楽園展示場の5階と6階のツーフロアーだった

私の個人ブース

私の個人ブース

「デジセクタ」というApple II 用ビデオデジタイザで来場者の顔を取り込むサービスを行っている写真

「デジセクタ」というApple II 用ビデオデジタイザで来場者の顔を取り込むサービスを行った

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所