External links

自社製品MOMENTOをトリックに使った「火曜サスペンス劇場」放映

1993年の後半もいま振り返って見るとまったく気が抜けない日々が続いていた。7月1日と2日に開催された「The 4th Japan Developers Conference」に関しては前回お伝えしたが、その他にも印象深いあれこれが続いた。そういえば6月18日、Apple CEOのジョン・スカリーが退任するといったニュースも飛び込んできたが、Appleの危機は次第に深まっていく。

 

さて、いまではソフトウェアをオンラインで販売することなど珍しくもないが、同年6月NIFTY-Serve上にオンラインストア「SOFTEX」に初めてソフトウェアのダウンロード販売が開始された。

ただし1993年のことだ…。NIFTYへの接続もモデムの時代であり、通信速度も現在とは比較にならないほど貧弱だった。したがって数MBなどという容量のアプリケーションを置いてもだれもダウンロードなどしてくれない。だからいかにコンパクトで、かつ魅力のあるソフトウェアなのかが問われたわけだが、この試みに最初に手を上げたのが私の会社だった。

Mac用3種類のアプリケーションでスタートしたが、システム的に整備が整っていない点もあったものの、大げさになるがソフトウェアのダウンロード販売に先鞭をつけた “事件” でもあった。

 

そういえばこの年の8月に日本テレビ系「火曜サスペンス劇場」に私の会社が開発したビデオ編集ソフト「MOMENTO」が登場することになり取材を受けた。無論アナログのビデオ編集そのものは従来から存在したわけだが、デジタルとアナログの長所を併せ持った「MOMENTO」はこれからの映像編集に一石を投じると評判になっていた。したがって番組のトリックのひとつとしてデジタルビデオ編集の妙を意識したストーリー展開を求めていたらしい。

放映は1993年8月10日、「犯行再現ビデオ」というタイトルだったが取材の段階では「無人の映像」といった仮タイトルと聞かされていた。出演は布施博と浅田美代子そして泉谷しげる等だった。

 

ストーリーの中で主人公が銀座のソニービルへ行ってトリックを見破ることになるが、それは「MOMENTO」がソニーのCVD-1000というVISCAをサポートした8mmビデオデッキと組み合わせて利用する仕様だったからだが、現実には “できる”、”できない” といったことを含めフィクションの域をでない話しだった。しかしそれはともかく放映当日「MOMENTO」の画面がいつ登場するのかをずっと待っていて疲れたことを思い出す(笑)。

ともあれ、エンディングのテロップも聞いていたとおり「取材協力」としてアップルコンピュータ、SONY、そしてコーシン・グラフィック・システムズとはっきり出してくれたので感激した。

 

さてその1993年後半で大きなイベントは第3回目となる「Macintoshの匠たち'93」だった。

札幌支店主導で開催することをコンセプトに続けてきたが、あっと言う間に3回目となっていた。したがってタイトルはシンプルに -3rd ANNIVERSARY-とすることにした。

開催は1993年10月21日(木)~22日(金)の2日間だが、会場はお馴染みのデラファーストビル3階「デラ・ホール」だった。

 

小さなプライベートイベントではあったが、我々主催者側の意欲は熱かった。そして今回もマイクロ企業の札幌支店のためにアップルコンピュータ株式会社、キヤノン販売株式会社札幌支店、ソニー株式会社そして富士写真フイルム株式会社という眩いばかりの企業が後援会社となってくれた。さらに協力会社としてニフティ株式会社、インターアクト、マルスに応援をいただいた。

 

このイベントでは普段実演することができない自社開発製品らのデモは勿論だが、ホットな話題のセミナーがあるのも特長だった。特にアップルジャパンからはアップルデベロッパーグループ・プロジェクト推進マネージャーのリチャード・スプレーグ氏にセミナー講師として2日間参加いただけたことも印象深い出来事だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


その他にも「簡単デジタル写真入門~FUJI DIJE」と称して富士写真フイルム株式会社、電子映像事業本部営業部の川島巌氏のセミナーや「モービルコンピューティングとグラフィックス」と題したマルス株式会社、後藤慎治氏のセミナーなどがあった。

そしてイベントが終わった後にリチャード・スプレーグ氏や鵜沢善久さんを含めた数人で小樽に足を向け、しばしの息抜きをしたことも得がたい思い出となっている。

 

 

Appleのリチャード・スプレーグ氏、マルスの後藤慎治氏そして盟友鵜沢善久さん(中央)らとイベント終了後小樽を散策した

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所