External links

大手放送局国際部のソフトウェアコピー騒動

約14年間アップルのデベロッパーとしてMac専門のソフトウェア開発会社を営んだ経験を振り返ると厄介なことのひとつはソフトウェアの不法コピー行為への対処だった。「ハードウェアはコピーできないから金を払って買うしかないが、ソフトウェアは簡単にコピーできるからいいね」と公言する輩も沢山いた...。

 

ソフトハウスをやっていると自社ソフトの不法コピーの問題には当然のことながら敏感にならざるを得ない。自社開発のパッケージソフトが大手放送局で公然とコピーされ使われていることを知ればそれは抗議する権利は勿論義務もある。問題を放置しては正規に買っていただいた多くのユーザーに申し訳が立たない。

 

1990年代の半ばの時代としておこう...ある日サポートに電話がかかってきた。中年の男性のようだが、聞けば自分の使っているアプリケーションを最新版にバージョンアップして欲しいという要請だった。型どおり名前とシリアルナンバーを聞いたところ電話口の男は登録ユーザーの名前とは違う人物だった。それを指摘すると悪びれることなく「部下からもらった」という(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それは不法コピーでありバージョンアップどころか法的に問題がある行為だから即刻使用を止めて欲しいと申し上げると居直ったか「コピーして何が悪い、皆やっていることではないか」と言いだした…。

シリアルナンバーから推察すれど、正規ユーザーの人は当該放送局勤務の方であり、その国際部という部署に所属しているということがわかったが電話をしてきた当人は部長というから購入者の上司らしい。

 

例えばこれが個人なら「またか…」で粛々と「それは不正使用だから止めてください」と型どおりの通知を出すところだが、大手放送局の国際部で自社開発のアプリケーションが公然とコピーされ配布されていることを知り、本来は著作物の権利を一番気にしなければならない類の仕事に就きながらその認識の甘さと無礼な物言いに久しぶりに頭にきた。

 

冷静さを装いながらも私はこちらの正当な要求に応じてもらえなければ、顧問弁護士および社団法人日本パーソナルコンピュータ・ソフトウェア協会(当時)を通じて適切な行動を起こすと警告したがマイクロ企業になにができるかと考えたか、相手は悪たれ口のまま電話を切った…。「申し訳ない、認識が甘かった。これから気を付けます」と答えてくれればそれで終わったはずだが、自分たちの制作した番組やらは当然のことながら著作権に神経質だが、他社…それも名も知れないソフト開発会社の製品などコピー使用して当然と考えていたようだ。

 

しかしこの種の人間ほどいほゆる権威に弱く、世間体を気にするものと相場は決まっている。私は早速顧問弁護士に相談して正式な警告の文書をその勤務先へ送ってもらった。

結果、購入者本人からはすぐに正式な謝罪が届いた。どうやら上司から「お前それよさそうだからコピーして俺にもよこせ」と言われれば断りきれなかったらしい。

 

問題は電話をかけてきたその上司だ。それまでずっと高飛車に出ていたものの弁護士から使用の中止と謝罪がなければ職場自体が不正の温床と判断し正式に訴えを起こすと警告されやっと自分の立場を守るためだろう…謝罪と始末書を送ってきた。無論こうした輩はその性根がすぐに直るとは思われないが一矢報いなければこちらも気が済まない。

 

そのアプリケーション「たまづさ」は当時、放送局ではキャスターやアナウンサーの読み原稿作成に便利だと使われていたようで、例えばフジテレビでは正式な手順を経て取材からアナウンス原稿までを一貫してサポートする特注ソフトウェアの開発依頼が数年間続いたほどだった。

 

 

問題のアプリは自社開発した縦書き原稿用紙日本語ワープロ「たまづさ」だった

・記載の製品名、企業名などはそれぞれ各社の登録商標または商標です。
・記載する情報の正確さならびに安全性について、当サイトは保証いたしません。
・特に明記のない場合の転載はご自由ですが、出所出典および当サイトのURLを明記してください。

© 2003 - 2017 Macテクノロジー研究所